FC2ブログ

作家インタビューNo.3 〜【アート】みずたまや〜

本日は、グループ展示で参加される大阪中崎町の「ギャラリー&カフェ みずたまや」さんのご紹介です。
「みずたまや」さんからの出展メンバーは、奈路道程さん、松田学さん、川北直子さん、上原結子さん、菅野翔平さん、澤田健二さん、羽根博司さん、桑山寛子さんの8人。(各プロフィールは記事の最後に掲載しています。)

お話は「ギャラリー&カフェ みずたまや」のオーナー兼出展者の一人でもある桑山寛子さんにお聞きしました。

***

Q1.まずは「ギャラリー&カフェ みずたまや」について教えてください。

「ギャラリー&カフェ みずたまや」は大阪中崎町にある、昭和初期の町家を利用したギャラリー兼カフェです。
内装は1970年代に改装したらしく、手すりなどあちらこちらにその頃の昭和らしさが残る懐かしい雰囲気の空間です。

当店は、火・土・日・祝の営業となっております。不定休もございますので、恐れ入りますが「みずたまや」ホームページのスケジュールをご確認の上、お越しくださいませ。


みずたまや


みずたまや
HP:http://mizutama8.com/
TEL:06-6292-4646
住所:大阪市北区中崎 3-2-18 1階・2階



Q2.最初に「風と土の交藝」に参加しようと思ったきっかけは何でしたか?

3年前(4年前?)に、大津の「麦の家」にて「結びめ」の原田氏、西川氏と出会い、高島市の農業や環境への取り組みを知りました。
わたしの企画制作している企業PR誌の巻頭特集のため、高島在住の方々に取材撮影を行った折りに「風と土の交藝」のことを知り、昨冬、現地に赴き鑑賞しました。そこで高島という環境での作品展示に興味を持ちました。


Q3.「風と土の交藝」もしくは高島の魅力って何でしょうか?

自然の風景、特に琵琶湖を擁した景色が美しい。湧き水があり、田畑に魚類・両生類や昆虫がいる環境が守られている。また、それを守ろうと努力する人々がいるということです。


Q4.「みずたまや」さんは大阪中崎町という都会の真ん中に拠点を構えられていますが、今回それとは違う地方の高島という環境で出展する目的や思いを教えていただけますか?

作家それぞれのモチベーションは、都会での作品発表と、森・田畑・湖のある環境とではちがってくると思われます。
思いは個々の作家で異なるでしょうが、環境変化による創造性の変化を楽しみつつ、高島ならではの作品が生み出されると思っています。
また、環境の差異において、異なる作品の見え方も期待でき、面白いのではないでしょうか。


Q5.この8人で出展することとなった経緯は何でしょうか?

メンバーは、私自身の従来の仕事や「みずたまや」を介して知り合った方々です。


Q6.グループ展ということですが、どのような内容の展示になりそうですか?

絵画・照明作品の展示と朗読パフォーマンスをいたします。朗読パフォーマンスは、高島にちなんだ「故郷の木の下で」、田島征彦さんの落語絵本から「しちどぎつね」、別役実さんの童話集から「なにもないねこ」となります。

※朗読パフォーマンスのスケジュールは下記のはがきをご参照ください。




Q7.最後に、お越しいただく皆さんにメッセージをお願いします!

寒くなりつつある12月の開催ですが、高島は「ほっこり温かい」所です。
キリッとした冬の琵琶湖の景色もぜひ、ご覧になって、物見遊山みたいな感覚でユルく楽しんでいただけたら嬉しいですね。



***

桑山さん、どうもありがとうございました!

さまざまな個性をもった8人のアーティストの作品が同じ場所に集い展示されることで、また面白い効果が生まれそうで・・・とっても楽しみですね!
ぜひ、会場で体感してみてくださいね。

「みずたまや」の展示会場は、新旭里山体験交流館「もりっこ」です。
電車でお越しの方は、新旭駅からバスが出ています。(バスの時刻表は上記のはがきをご参照ください。)
また高島市内各駅で乗り捨て可能なレンタサイクルもオススメです。

※風と土の交藝の各展示会場へのご入場には「風のパスポート」が必要になります。
まずは高島市内各地のパスポート販売所にて「風のパスポート」をお買い求めの上、
各展示会場へお越し下さい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【「ギャラリー&カフェ みずたまや」出展メンバープロフィール】


奈路

奈路道程(なろみちのり)

イラストレーターおよび画家として、広告系・出版系のイラストやカリグラフィーを受注。朝日広告賞など受賞多数。25年ほど前から各地ギャラリーでの個展、アートイベントにも参加。「みずたまや」では、2011年9月~11月に松田学氏との二人展、および個展開催。
HP:http://www9.ocn.ne.jp/~naro/



松田

松田学

グラフィックデザイナーを経て現在、イラストレーターおよび画家として広告系のイラストやカリグラフィーを受注。20年ほど前から各地ギャラリーでの個展、アートイベントにも参加。「みずたまや」では、2011年9月~11月に奈路道程氏との二人展、および個展開催。詳細はHP。
HP:http://manabumatsuda.jugem.jp/



川北

川北直子

15年以上前から各地ギャラリーでの個展、関東・関西のアートイベントに参加。「みずたまや」では、2011年8月に個展開催。イラストレーターおよび画家として広告系のイラストやカリグラフィーも受注。
HP:http://www.na-ko.net
FaceBook:http://www.facebook.com/kawakitaN



上原

上原結子

安曇川出身。10年以上前から関東、関西の大手百貨店・美術画廊や各地ギャラリーなどで個展開催。画家として広告系や絵本のイラストも受注。
HP:http://www.seian-illust.net/blog/2011/09/yuiko_5_1.html
   http://www.seian-illust.net/blog/2011/12/post_264.html


菅野



菅野翔平

関東、関西のアートイベントに参加。「みずたまや」では、師である上原結子と2011年12月~2012年1月に二人展開催。画家として絵本のイラストも受注。
Twitter:http://twitter.com/#!/KAN0402




澤田

澤田健二

照明器具作家。20年ほど前から照明オブジェの制作を始め、ギャラリーなどでの個展やグループ展において作品を発表する。




羽根

羽根博司

元「劇団四季」所属俳優。関東・関西各地で公演。現在は俳優として、さまざまな劇団に客演し、大学や文化教室の講師も務める。
HP:http://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/instructor/pop.php?id=1172




桑山

桑山寛子

「みずたまや」オーナー。グラフィックデザイナーを経て、現在、広告企画制作クリエイティブディレクター・アートディレクター・コピーライター。今回は、10代初めから20歳まで取り組んでいた劇作・劇団員の経験を活かし朗読パフォーマンスに加わる。



written by KAN
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。