FC2ブログ

●出展者メッセージ● 20. 坂下 道良さん【農業】

20坂下道良

●出展者メッセージ● 20. 坂下 道良さん【農業】

楽農舎なごみの里観光農園

地域の資源を活用した循環型有機農業に取り組んでいます。
高島市のお米やおからを飼料に使い平飼い養鶏をしています。
自家鶏糞、安曇川町の特産である扇骨加工から出る竹粉、
エコクラブ会員のご家庭の生ゴミを堆肥に使い、野菜や
ブルーベリーを栽培しています。科学的な農薬や肥料を
使用しない農産物と、命とふれあう農業体験を提供しています。
卵拾いやジャガイモ掘り体験あり。焼き芋、じゃがバター、
卵かけご飯をご用意しています。


~☆☆~~~☆☆~~~☆☆~~~☆☆~~~☆☆
坂下 道良&靖子
楽農者なごみの里観光農園
人と環境にやさしい、持続可能な循環型農業を実践

●出展者メッセージ● 50. 井上 唯さん【染織・インスタレーション】

50井上唯

●出展者メッセージ● 50. 井上 唯さん【染織・インスタレーション】

古民家をセルフビルドで改修したお宅をお借りして展示します。これまで空間に合わせて織り、編み、染めなどでアート的な作品を作ってきたのですが、一方で、知恵や民具など民俗的なことにも興味があり、現在は並行して様々なことをしています。今回は、やりたいことがいろいろある感じをそのままお見せしようかなと思っています。
また、会場では身近な素材を使って手のひらサイズの丸い織物をつくるワークショップもしています。お気に入りの1枚を作りにぜひお越し下さい。

●出展者メッセージ● 25. 山本 利幸・ひとみさん【古民家再生】

25山本利幸ひとみ

●出展者メッセージ● 25. 山本 利幸・ひとみさん【古民家再生】


築120年余りの古民家を大工さんとともに修復し、茅葺き屋根も職人さんのお手伝いをしながら二年前に葺き替えました。
二反あまりの畑で、自家用野菜はほぼ自給できるようになり、蕎麦の栽培もしています。
冬が始まるこの季節、薪の準備と保存食作りに精を出す毎日です。寒い冬は囲炉裏の火と、五右衛門風呂の温もりが、我が家の醍醐味です。雪の多いここは訪れる人も少なく、郵便屋さんが届けてくれる手紙が何よりもの楽しみです。
そんな茅の家での囲炉裏の間では冬の暮らしの道具、暖かい縁側では趣味の手作り封筒を展示します。
どうぞ見にいらしてください。

山本

kazetotsuchi2012 DSC_0069.jpg

●出展者メッセージ● 17. 立石 啓子さん【草木染】

17立石啓子

●出展者メッセージ● 17. 立石 啓子さん【草木染】

麻布を中心に天然染料による染めと絞りの技法を使って作品を作っています。
主に、琵琶湖周辺や家の近くの植物を採集して、煮出して染めています。
私は、身近な自然から感じる、風の音や光と影、苔むした石など、変幻するもののスピリットを大切に考えています。まだまだ未知の領域がある絞りの世界ですが、麻布が持つしなやかさと強さ・草木の色・作り手の呼吸がうまくかみ合った作品ができるように日々制作しています。

CIMG0885.jpg CIMG0174.jpg

●出展者メッセージ● 31. 藤野 純一さん【雲平筆】

31藤野純一

●出展者メッセージ● 31. 藤野 純一さん【雲平筆】

「お店の創業は1615年。日本で1番歴史のある筆屋です。創業当初から代々筆の芯に和紙を巻く巻筆という製法を守り作り続けています。今ではうちしか作るところがありません。自分は家業を継ぐため大学卒業後3年間筆の産地である広島県熊野町の筆製造の会社に就職し筆作りのノウハウを勉強して帰って来ました。今は父である15代目雲平の元、習いながら一緒に巻筆を作っています。祖父の代から高島の地で仕事をしていますがここの土地や人の温かさが大好きでこれからもずっとここ高島でやっていきたいと思っています。皆さんとの交流を心より楽しみにしていますのでぜひ風と土の交藝に御参加下さい。」


---------------------------------------
攀桂堂(はんけいどう)雲平筆
藤野 純一

DSC_0340.jpg DSC_0348.jpg

●出展者メッセージ● 10. Tomas Svabさん【写真】

10シュバーブトム


●出展者メッセージ● 10. Tomas Svabさん【写真】

私の今年の会場は2006年より撮影をしてきた玉泉寺というお寺になります。
今回の作品は自転車に乗りながら京都や滋賀などを小型カメラで撮影したものを中心に展開します。
光や影といったありふれた日常の風景から浮き上がった詩のようなものを、ゆたかな自然やお寺の風景と共に少しでも感じ得て頂けたら嬉しいです。
ぜひ見に来て下さい。

ホームページをリニューアルしました。
よかったらまたのぞいてみて下さい。
http://www.23degrees.net

CIMG6942.jpg DSCN3059.jpg

●出展者メッセージ● 49. 梅山 克さん【陶芸】

49梅山1

●出展者メッセージ● 49. 梅山 克さん【陶芸】

工房から見渡す山々の紅葉は今が真っ盛りです
工房前のすすき野は西日を浴びて銀色の穂がキラキラと輝いています
色鮮やかな季節ももうあと少しです
このイベントが終わると、やがて全ては雪の下に隠れてしまいます
白と灰色のモノトーンの季節がやって来るのです

晩秋の高島で人と人が交わる祭典 『風と土の交藝』
みなさんのお越しを心よりお待ちしております

CIMG6886.jpg PC033194.jpg

●出展者メッセージ● 36. 石川祥子さん【オーダージュエリー】

36石川祥子


●出展者メッセージ● 36. 石川祥子さん【オーダージュエリー】

愛知県にて7年の修業を経て、独立を機に2003年 ATELIER KAFER をオープン。10年を迎えることができました。四季の美しさをダイレクトに感じられるこの地で製作に没頭しています。オーダーなので世界にたった一つのジュエリーです。お客様のお好みを伺いデザイン画を作成し、ご納得いただいた上で加工にかかります。是非アトリエの様子をご覧くださいませ。
 
                                        *KAFER*

DSC_0280.jpg PC033484.jpg

美の高島でインスピレーションを感じよう!



風と土の交藝2013 TAKASHIMA六郷交座
第4回 美の滋賀サロン
美の高島Inspirationを感じよう!

と き : 12/7 (土) 18:30開場 19:00開演 21:00終了
ところ : 針江公民館(高島市新旭町針江)

【参加無料】

風と土の交藝HP、特別企画お申込みフォームよりお申込み下さい。
当日のご参加も可能です。


あなたはどんなものに「美」を感じますか?
あなたが大好きなものは何ですか?

高島の「美」に惹かれ移り住んだ作家たちが、
ものづくりの源泉となるインスピレーションのありかについて語り合います。

作家さんの創り出される
作品の源泉に触れてみたい!

このセミナーは、新旭で有機農業に取組まれている石津大輔さんの、
そんな想いから開催することになりました。

例えば
奥島さんのガラス作品は何から着想を得られているのだろう?
絵画?海?小説?趣味?
また
榊さんの綺麗な写真と文章、また視点はどこから?
自然?思い出?映画?旅?
などなど。

皆さんの「源泉」は作品や表現方法と似たものなのでしょうか?
全く違うモノなのでしょうか?
またモノではない何かなのでしょうか?
このイベントではその「インスピレーションの源泉」の片鱗を
作家さん達に教えて頂き、大いに語って頂きます。

それぞれ全く表現方法の違う作家のみなさんが、
この高島を選んで移住され、また住み続けられているのには
もしかすると、実は共通した「美の源泉」があるのではないか?
など、そんな感じで探っていければ面白いのではないかと考えています。

当日は、作家さん達の「美の源泉」である何か
(写真、映像、音楽、また実物)などをスクリーンに映し出し、
司会の上田先生のコーディネートで、作家さんにお話し頂き、
参加者のみなさんも交えながら、更に膨らましていければと考えています。


高島が与えるインスピレーションに触れてみませんか?
多くの方のご来場をお待ちしています。



クロージングパーティー 風と土の響宴~8日だよ 全員集合~

クロージングパーティ
風と土の交藝in琵琶湖高島2013
クロージングパーティー
~風と土の響宴 8日だよ 全員集合~


日時:2013年12月8日(日)  19:00~21:00
料金:2500円 (軽食・ソフトドリンク付 / アルコール別)
場所:リオグランデ
 
 ※途中出港いたします!

今回のTAKASHIMA六郷交座、ラストはなんと今津港に停泊中の客船です!
風と土の交藝の出展者、スタッフ、協力者、そしてご参加いただいた皆さまが一堂に集まるパーティーです。
色々な出展者と出会い、つながるチャンスです。
途中のどこかで出港予定、冬の琵琶湖で夜景クルーズも楽しめるかも!?

出展者・参加者全員で作り上げる、特別企画も計画中!
どうぞご参加くださいませ!!


※航行の時間、経路等は当日の気候条件により決定されます。

古民家再生のススメ~再生から暮らしまで セルフビルダーと座談会

TAKASHIMA六郷交座④
古民家再生のススメ~再生から暮らしまで セルフビルダーと座談会

古民家再生のススメ_表古民家再生のススメ_裏

日時:2013年12月6日(金)
   15:00~17:00 (出入自由)
場所:No.46 高村・小松邸
 
  「風のパスポート」お持ちの方のみ、入場無料

高島に移住して古民家再生に取り組む3軒・5人の移住者たちが、それぞれの現場の魅力や醍醐味、暮らしへの想い、古民家再生にまつわる喜怒哀楽を、熱く、ゆるーく語らいます。
セルフビルドにまつわるあんなことやコンナコトを訊ねてみるチャンス!
古民家再生、してみませんか!

登場者
■高村洋司・小松明美(No.46 マキノ町)
■平井崇・ワダマキ(No.18 安曇川町)
■岡野史子(サポートスタッフ 今津町)

*この交座はイベント中に出展会場内で行うため、特別な申し込みは必要としておりません。
 途中参加・途中退出自由ですので、通りすがりにどうぞちらっと覗きに来てください

高島市定住促進バスを運行します!【12/1日及び12/8日】

定住促進バス

高島市定住促進バスを運行します!
【12/1日及び12/8日】

「風と土の交藝2013」会期中の12/1(日)・12/8(日)の二日間、
出展会場などを回る無料バスを運行します。

定員は両日ともに先着14名(予定)。
高島市への移住・定住をお考えの方を対象としています。

このチラシは、風と土の交藝2013 A3 チラシとともにご覧ください。

乗車希望の方は下記までお申込み下さい。

【問合せ・申込み】
高島市 市民活動支援課
TEL 0740 - 25 -8526
shiminkatudo★city.takashima.shiga.jp  ※★を@に変換ください。

3ショク宴つき! 住人十色の働き方in 高島 × 高島びれっじバル

高島びれっじバル1
高島びれっじバル2

オープニングパーティー 
3ショク宴つき! 住人十色の働き方in 高島
高島びれっじバル 開催!


日 時: 2013年11月29日(金)

住人十色の働き方in 高島
内 容:3ショク(職・食・飾) をテーマに高島市内でバリバリ働く方々が大集合 !
    トークでは、高島を基点に活躍する登壇者10 名にクリエイティブ&
    夢のある働き方をご紹介していただきます !
ゲストスピーカー:詳細は、フライヤーをごらんください。

17:30 - 受付開始 
18:00 - トーク START @高島ワニカフェ
18:45 - オープニング・ライヴ

料 金: 500 円(1ドリンク・おつまみ付)
場 所:高島ワニカフェ

オープニング・ライヴ / ドイタケーオ
京都を中心にレゲエ、ラテン、ジャズ、フュージョンなどパーカッショニストとして
参加し、あらゆるアーティストをサポート。ジプシー音楽に影響を受け2009年より
ジプシールンバのギター&ボーカルとしてライヴ活動を開始。
滋賀高島生まれ、高島育ち。みずがめ座のO型。

高島びれっじバル
高島びれっじバル特製、この日だけの限定メニューをご用意いたしました !

カフェアリビオさんの【地元のお酒と、おばあちゃんが作ったヘシコのセット】
ワニカフェさんの【高島産オーガニック素材を使った特製たい焼きワンドリンク付】
ワニカフェさんの【前菜3種の盛り合わせ】
ワニカフェさんの【特別メニューのパスタ(※チケット2枚必要です)】
ねっこさんの【地元野菜で作るねっこのバル特製おでん】
コティカフェさんの【根菜と鶏もも特製肉のトマト煮込み】
美食倶楽部さんの【美食倶楽部特製 発酵たれ&発酵を味わうお料理】
味工房さがさんの【味工房さが バル特製セットワンドリンク付】 
うどんの花里さんの【バル特製納豆うどん】 
グランジュテさんの【グラスワインと高島産米粉パンのオープンサンド】

など、盛りだくさん ! 全店まわって全メニューをお楽しみください !

※メニューは予告なく変更する場合がございます。

19:00 - バルSTART @高島びれっじ一帯(高島市勝野周辺)
21:00 - バル終了予定

チケット: 2,000円(4枚綴り)
場 所: 高島びれっじ一帯(高島市勝野周辺)

◆バル参加方法
1.チケットを買う。
2.当日のメニュー表やお手持ちのMAP を見ながら、どこのお店に行くか決める。
3.MAP 片手に目的のお店へGO !!
4.お店で「バルメニューで。」ということを伝えて、チケットを1 枚渡す。
5.バルメニュー( お店自慢の品) を堪能♪♪
6.次のお店へ。(2 から繰り返し。)

◆バルチケットについて
・高島びれっじバルに参加するには、【バルチケット】が必要です。
・チケットは4枚綴りになっているので、1枚ずつ切り離してご利用ください。
・チケット1枚で、各店自慢のバル特製メニューが提供されます。
・行きつけのお店、前から気になっていたお店など、お好きなお店へお越しください。
・共に楽しむために、譲り合ってお店を巡ってください。
・1冊のチケットをグループで使用してもOK です。(4人で1枚ずつ使用など)

■販売場所: 高島びれっじバル参加店、今津東コミュニティセンター
       株式会社 福井弥平商店、高島市商工会、株式会社 澤村
 
 ※11月23日より、上記の販売場所で販売致します。(休日は不可)
 ※当日のみバラ売りもいたします。枚数限定ですので、お早目にお買い求めください。
 ※チケットは、売切れ次第終了となりますので、ご了承ください。


●あとバル 11/30[sat]→12/8[sun]
 ・当日参加できなかったり、使い切れなかった場合は、【あとバル】でご利用ください。
 ・【あとバル】期間内に【あとバル】参加店(マーク)にて、1チケット400円として、
飲食の支払いなどに充当できます。(ただし、お釣りはでません。)
 ・1店でお一人4 枚を限度とし、使用の場合は前もって提示してください。
 ・【あとバル】期間は11/30(土)から12/8(日)までです。

 ※高島びれっじ参加店全店で利用できるわけではありません。
 【あとバル】利用可能店店は、高島びれっじバルマップにてご確認下さい。
 ※購入済みのチケットは、いかなる場合でも換金・払い戻しには応じかねます。


◆高島びれっじバル 特製メニュー
バル特製メニュー:詳細は、フライヤーをごらんください。

【問合せ】
風と土の交藝プロジェクトチーム(担当: 原田) 090-2069-5448
〒520-1622 高島市今津町中沼1-4-1 TEL 0740-20-5758 FAX 0740-20-5757
E-MAIL webmaster@tkkc.takashima-shiga.jp

森のチカラをデザインする 

森のチカラをデザインする 
風と土の交藝 2013 TAKASHIMA六郷交座

高島の山に植林された、たくさんの杉の木。
私たちは、この資産をどのようにして未来の世代へ引き継いでいくのでしょうか。
高島市の里山の環境を守り続け、未来につなげるための方法をみんなで考えましょう。

「ニシアワー」で注目される岡山県西粟倉村。
人口約1,500 人の山村では、森の資源を活かした地域づくりが展開されています。
西粟倉村で林業の六次産業化と地域デザインに取組む二人のゲストをお招きし
高島市における森林資源活用の可能性を探ります。


と き | 平成25年11月30日(土)
       13:30 開場・受付 14:00 開会 16:00 終了予定

ゲスト |  牧 大介さん /  ㈱ 西粟倉・森の学校
       玉利 康延さん /  ㈱トビムシ小村力研究所

ところ | 朽木小中学校体育館(高島市朽木市場)

参加費 | 風のパスポートあり:無料  /  なし: 500 円

申込み | 風と土の交藝HP の「特別企画」お申込みフォームよりお申込み下さい。
       当日のご参加も可能です。

主 催 /  特定非営利活動法人 結びめ
共 催 /  風と土の交藝プロジェクトチーム

131130_森のチカラをデザインするチラシ_ページ_1 131130_森のチカラをデザインするチラシ_ページ_2


KITSUFES2013晩秋 古良慕音コラボ~ン

Picture111013_135151.jpg
11月10日に出展会場のひとつ、島村葭商店さんの喫茶古良慕 で『KITSUFES2013晩秋 古良慕音コラボ~ン』が開催!
サポートスタッフでもある吉津さんが主催・企画し、出展者21.朽木まるきゅう横井さん監修の「米学のススメ」報告展示&試食会とともに食事有、ライブ有で大盛り上がりのイベントでした。
途中には出展者37.針江のんきぃふぁーむの石津さんもふらっと遊びに来られ、ご近所ならではのつながりも感じることができました。

古良慕では喫茶だけでなく、ギャラリーには出展者さんや市内のほかの芸術家の方々の作品も常設されています。
当日まで待ちきれない方は、覗きに行ってみてはいかがでしょうか?

喫茶古良慕 詳しくはこちら→http://collabo-cozai.main.jp/collabo/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。